自分史を書いて運命振り返り

川柳が趣味だったおじいちゃんの句集を読み、祖父の歴史をたどるブログです。

102親子対決その5

お題、環境

芥埋めて本土は囲む海に伸び 道春

公害で天の川まで濁ってる 豊之

川遊び今は昔の農薬禍 豊之

この川柳が作られたのは、1987年(昭和62年)でした。 環境問題がお題になるとは、せつないです。 しかし、川柳、俳句の自然と人間の関係を見つめる目線に立てば、 自然の流れに感じます。

1992年に開かれたブラジル、リオデジャネイロで行われた「地球サミット

1997年、気候に関する具体的なルールが決められた、京都議定書の採択。

わたしもすでに物心ついていたので、二酸化炭素を排出する=悪だと頭の中にこびりつきました。

このころに生まれた子も23歳になっているんですね。

京都議定書のように先進国のみではなく、世界196か国が参加するフランス、パリ協定は2015年とまだ記憶に新しいです。

日本は小泉環境大臣が去年12月「石灰火力発電に関する新たな政策をこの場で共有することは残念ながらできない」と COP25(Conference of the Parties の頭文字)という会議で述べたことに、海外からは皮肉を込めた化石賞という評価。

アメリカは、今年11月にパリ協定を離脱。

日本の子どもたちは、どのように受け止めているのでしょうか。

最後に、機動武闘伝Gガンダムから、 主人公のドモンが、人類滅亡計画をたくらむ師匠(東方不敗マスターアジア)へ最後の戦い時に話したセリフ。

なぜならば、あんたが抹殺しようとする人類もまた、天然自然の中から生まれたもの! いわば、地球の一部。 それを忘れて、何が自然の、地球の再生だ! そう、ともにいき続ける人類を抹殺しての理想郷など!愚の骨頂!

という、見てた人にしかわからない紹介の仕方ですみませんが、 人間=悪 という気持ちにならないでほしいなと、そう願っています。

持続可能な開発目標(SDGs)に基づいた企業、投資家の動きもあるようです。

101親子対決?その4

お題、いえ

ご近所の妥協も無事に地鎮祭 道春

住む人の苦労を思うビル見上げ 道春

わたしは、エレベーターのあるおうちに憧れています。 

 

 

 お題、青春

靴の中紅一点の下駄を脱ぎ 道春

免許証余白きれいなヘルメット 道春

正座する巫女の神秘に澄む瞳 道春

一泊の持てた話の昼休み 道春

逆境の拳へ再起励まされ 道春

男性目線の句を集めてみました。

f:id:ohid:20201021114156j:image

 

 

 

 

100親子対決その3

お題、犯人

盲点を突いたトリック知能犯 道春

それぞれの人生が織る人模様

 

 

お題、子育て

 

親心こもったカバン跳ねて行く

ブランコで揺れる笑顔を叱られず

方便の言い訳聞かぬ子供の目

 

 

お題、幸

今日の幸通った過去を忘れかけ 

道春

幸あって道会う人に笑顔分け

 

途中、父だらけでした。

f:id:ohid:20201019132518j:image

手書きの原稿、表紙を見つけました。

99まつかぜ句会

祖父の文机には、日記が入っていました。

そこには色々はさまっていて、新聞の切り抜き、生協で購入した商品の説明、特に俳句サークルの会報は読み応えがあり面白く、選りすぐりの作品ばかりです。

 

許しを得ていないのでご紹介はやめときます。私と同じよしえさんという人に親近感を持ちました。

 

おばあちゃんの家計簿は、平成27年12月29日より高齢者住宅へ入所したというページでおわっていました。

机にはきちんと暮らしていた祖父母の面影がありました。

 

10月

ひざまずく案山子の持ちし鎌の錆

節子

11月

リハビリの窓黄ばみゆく銀杏かな

節子

f:id:ohid:20201019122657j:image

 

父祖の田の脈々として山眠る

道春

 

冬立ちて水のかたさの米を研ぐ

道春

 

研ぎ上げし鎌の匂ひて冬に入る

道春

 

1月

鬼石のくぼみに光る寒の水

道春

鬼石はどう読むのか、群馬県に統廃合でなくなった市とありました。庭石の一種でしょうか。

f:id:ohid:20201019124215j:image

 

茶のうまさ二人にもどる三日かな

道春

 

3月

岩に鵜(う)の犇めきて(ひしめきて)日本海

節子

 

ほどほどの老いの幸せ種を蒔く

道春

f:id:ohid:20201019124606j:image

 

主にまつかぜ句会会報より

平成14年

空気が冷たくなりますが、冬には冬の良さを感じました。そして、春へと希望がもてます。

ランキングに参加しています。

ブログ村のバナーがページのどこかにあるので、よろしくお願いします!

 

 

 

98秋

一つ知り二つ忘れし秋の暮

ひとつしり

ふたつわすれし

あきのくれ

道春

 

秋の暮がそのまま、秋の季語です。

仏間の壁に短冊がありました。

 

人生を四季に当てはめた句、俯瞰しつつ自分を見つめているように感じました。

 

f:id:ohid:20201018143051j:image

ちょうどエアコンの向かいに柱があり、洗濯物を干していまして、洗濯バサミも入ってしまいました。

この柱には、滑車の付いたひもを垂らして、祖父は、よく腕の運動をしてたんですよ。

 

97サザンカ

山茶花の路地を残して俥消え

さざんかの

ろじをのこして

くるまきえ

道春

 

さざんかは秋の季語。

椿の仲間です。

俥とは、人力車のことを指します。

生垣越しに人々の往来を見た日があったと想像しました。

 

花はのちに実をつけ、地面に落ち、

乾燥するとパカっとひらき

種が顔を出します。

 

それをせっせと集めて、油をしぼります。

 

父は、油を売る程は、種を集められないと大変さを語っていました。椿は万葉集に記述がある程、古くから愛される日本の木だそうです。

f:id:ohid:20201016233026j:image

この写真は、山茶花です。

 

椿と山茶花の区別は、むずかしいですね。

 

 

花がある時は、散り際に注目して見たいところ。一枚ずつ落ちるのが、山茶花。ポトっと花がそのまま落ちるのが椿。

 

咲く時期にも早春から春の椿に対して、山茶花は秋、10月頃から咲き始めます。

椿に比べて山茶花の歴史は浅く、昔から厳密に分けられていなかったようです。

ここまでお読み頂きありがとうございます。

 

人ひとり通れる道の落椿 節子

 

 

96秋の季語(農林)

「読んでわかる俳句日本の歳時記 秋」小学館を読み進めていくと、田舎で暮らす父と母を思いました。

 

時候、天文、地理、植物、動物、生活、行事の7部のなかの生活を開くと、稲に関するものが多数。

 

これを全部するには骨がおれます。

生活の中でも農林に関するものを紹介します。

f:id:ohid:20201015220412j:image

  • 案山子

水落ちて細脛(ほそはぎ)高きかがし哉(かな) 無村

 

膝(ひざ)からくるぶしまでを脛(はぎ、すね)といいます。

 

収穫前には、作業しやすいように、田んぼの水を抜くんですね。足の細い木でできたカカシが思い浮かびます。

 

このように、歳時記には季語の説明と有名な俳人の句が載っています。

 

父は、かかしではなく、鹿威し(ししおどし)を作っていました。竹がカンという奴です。

 

これも、添水、そうずという季語です。

 

 

  • 稲刈り、稲干す

母は、稲を干すことをはぜかけといいます。

 

稲架(はさ、はざ、はせ、はぜ、はで)という稲を干す木組みには呼称が多いです。

 

  • 籾(もみ)、新藁(しんわら)
  • 夜庭(よにわ)

庭とは、土間のことで、古民家は、玄関から台所まで靴のままで入れるスペースがあり、そこで、籾すり、俵編み、わらじづくりが行われたそうです。

 

  • 綿取(わたとり)

綿の部分と種とを寄り分けます。

f:id:ohid:20201015220811j:image

  • 竹きる

竹林の竹は、番傘をさして通れるほどに苅るのがよい

と祖父より伝え聞いたとコメントがあります。

よい竹林からは、よい竹の子が生えるそうです。

  • 種取り

あさがおや、コスモスなど育てた花の種を採取、乾燥させ、花の名前を書いた袋に保存したそうです。

 

  • 菜種・大根蒔く
  • 薬掘る

くすりも自家採取とは、時給自足の想像を遥かに超えています。

  • 豆ひく、大豆干す
  • 胡麻苅る

などなど。

新しい大豆からできる新豆腐も秋の季語。農林は生活、食事に直結し、茅(かや)を刈って、屋根を葺いたり、障子をいれたり、冬支度も秋が深まる前にやっておきたいものだそうです。

 

こうして、歌の題材になる季語を読んでいると、日本最古の歌集、万葉集について、園芸書としても大変貴重なものだというのは、やはり、歌には人々の生活が滲み出るからでしょう。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。